MIHOLO’s 図書室

本と音楽、たまに猫の雑記

音楽

Die Mainacht

12月なのに「5月の夜」 でも、この曲は寒くなって静謐な夜に聴きたくなる。 本当は5月まで待って書いても良かったけど、それまでブログが続いているか わからないし(笑) 詩は Ludwig Heinrich Christoph Hölty,ヘルティ まずは Johannes Brahms ブラーム…

Chopin//Tristesse

クロスオーバーが流行り始めたのはいつ頃だったのか。 少なくとも、私が音楽大学の学生の頃はまだだったと思う。 その後、サラ・ブライトマン、フィリッパ・ジョルダーノなど 次々と現れて大ヒットしたけど、 生粋の声楽道の大家の方々からは邪道と言われた…

Wolf || Verborgenheit

Verborgenheit『隠棲』は、フーゴー・ヴォルフの作曲した 「メーリケ歌曲集」の12番目に収められた歌曲。 ドイツリートを勉強していた頃の習っていた先生に勧められた曲。 その頃は、なんだか暗い曲だなあとそんなに気も進まなかった。 それから幾数年。今で…

しあわせのパン

危険なのは(しあわせなはずが)激しく美味しいパンやスープが飲みたくなること。 私の大好きな忌野清志郎さんが矢野顕子さんと歌っている「ひとつだけ」 www.youtube.com この曲がテーマになっている映画「しあわせのパン」 映画を観たのは随分前だけど、原…

いつまでもショパン

第18回ショパン国際ピアノコンクールで反田恭平さん2位!!! 私はYouTubeでファイナルを聴いたけど、素敵だった~ 鳥肌たった。 YouTubeでもあんなに素敵なんだから、生で聴いたらもっともっと素晴らしいんだろうな。 反田さんて、バーのカウンターでグラス…

Faure//Clair de lune

前回の記事では「月のうた」を書いたので 今回は大好きな「月の光」を載せておく。 フォーレの歌曲は、フランス歌曲を勉強するときに一番最初に取り組むのかな。 大学でもそうだったし、その後専門コースでも習った。 何年歌っても難しいフランス歌曲だけど…

廉太郎ノオト

瀧廉太郎先生と言えば、「荒城の月」が有名だけど、 声楽科だった私にとっては難しくて本当に歌いにくい曲だった。 20年くらい前にはオペラ「瀧廉太郎」も観に行ったけど やっぱりまだピンとこなくて、日本の偉大な過去の作曲家としか思えなかった。 それだ…

Meine Rose/ R.Schumann

www.youtube.com シューマンの歌曲の中で一番好きかもしれない「私の薔薇」 【しおれ、枯れゆく薔薇に、もう見ることができなくても自分の魂を注ぎたい】 ちょっと自己犠牲的な詩だけれど、そこまで愛情を注げたのなら本望なのかな。 ところで、 薔薇と言え…

Zemlinsky | Blaues Sternlein

ツェムリンスキー(オーストリアの作曲家)の歌曲「青い小さな星」 歌詞は グレゴロヴィウス(ドイツの詩人) トスカーナ地方の民謡によるワルツの歌の中の第5曲目 短い曲で、アンコールなどにも歌われることのある可愛らしい歌。 ちょっと物哀しい感じも好…

詩と歌曲

詩をたしなむことが出来たら素敵だなと思う。 最初に詩を意識したのはいつだろう。 やっぱり小学校や中学校の国語の授業だったか。 でも詩を書くのは作文より少し恥ずかしかった気がする。 中学校の下駄箱(今は靴箱?)の上に黒板があり 先生が定期的に有名…

ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル/白鳥の歌

「歌の翼に」で有名なフェリックス・メンデルスゾーンの姉 ファニーの6つの歌曲集の1曲目「Schwanenlied」白鳥の歌。 白鳥の歌は、白鳥は死ぬ前に一番美しい声で歌を歌い、 湖の墓場に沈んでいくという伝説から作られた綺麗な曲。 父親や弟が姉の作曲活動に…

クィルター/7つのエリザベス朝抒情詩 op.12

今日の1曲なのに7曲もあるじゃないか! とふと思ったけど、この中の6曲目がこの季節特に聴きたくなる。 「By a fountainside」 私が、この曲を歌っていたのは2008年くらいだったように思う。 その当時師事していた先生は英米歌曲にも精通されていて、 あまり…