MIHOLO’s 図書室

本と音楽、たまに猫の雑記

とりつくしま

とりつくしまの「しま」とは頼れるもの、よりどころのことだそうだ。

 

亡くなると、とりつくしま係がやってきて、現世の何にとりつくか尋ねられる。

10人の主人公たちが、それぞれ決めたものにとりつくのだけど

亡くなった人の目線でお話が進むので、どれをとっても切なさが残る。

 

現世の人たちも生きていかなければならないし、

亡くなった人の気持ちを尊重してばかりもいられないから

仕方のない部分もあるけれど、読んでるこちら側は勝手に

「それはあんまりじゃないか!」とか「そうだそうだ!」とか

首を縦だったり横だったり振りながら読んだ。

 

私自身普段から、物を擬人化したり、魂が宿ると思っているので

何かがとりついていても驚きはないけれど

親しい人が、物になってあちらから見ていると思うと、

何故だか、ごめん、本当にごめんなさいと謝りたい気持ちになるのは

普段の行いのせいだろうか。

 

私が大学生くらいの頃、養蚕をやっていた叔母がシルクのスカーフを

持っていて(多分、その養蚕関係で作られたものらしい)

農家の叔母さんが持つにはちょっと派手な感じだった。

私が褒めたら、欲しがっているように見えたのか、

叔父があげたらいいと手渡してくれたとき、

叔母が珍しく素早くダメ!と取り上げた。

私はびっくりして、大丈夫、大丈夫、要らないよ!と答えたら、

取り上げたスカーフをもう一度見てから、

叔母が「いいの、いいの、あげるよ。ごめんね」とくれた。

 

今となっては形見になってしまったそのスカーフには

叔母がとりついていて、見守ってくれているかも

とこの本を読んで思い出した。