MIHOLO’s 図書室

本と音楽、たまに猫の雑記

Faure//Clair de lune

前回の記事では「月のうた」を書いたので

今回は大好きな「月の光」を載せておく。

 

フォーレの歌曲は、フランス歌曲を勉強するときに一番最初に取り組むのかな。

大学でもそうだったし、その後専門コースでも習った。

何年歌っても難しいフランス歌曲だけど、綺麗な曲が多いから

プログラムに入れることも多い。

この曲は伴奏の方が主役で、歌は決して邪魔してはならないといわれた。

オーケストラでの演奏もあるけど、やっぱりピアノ伴奏が好き。

 

昔、銀座のクラシックを歌うクラブで1日だけ働いたことがあったんだけど

その時、この曲を含めて2曲ほどフォーレの歌曲を歌ったら、

帰りがけ、ママに「もっとメジャーな曲(調整ではなく)歌ってね」

と言われた思い出がある。

今ならその意味がよくわかるんだけど。

その時、輸入版のフォーレの楽譜集をピアノの上に忘れてきた。

 

「かあさん、私のあの楽譜、どうしたんでせうね。銀座に忘れたあの楽譜ですよ」

って人間の証明か、、、、いや、西条八十か(笑)