MIHOLO’s 図書室

本と音楽、たまに猫の雑記

バースデーカード

明日は母が私を産んだ日です。

おかあさん、産んでくれてありがとう。

 

女手ひとつで育てるのはとても大変だったでしょう。

そんな大変さを全然わかろうともせず、わがままいっぱいに育ってしまって

ほんとうにごめんね。

でも逆を言えば、大変さを見せなかった母の偉大さを今更ながらかみしめてます。

 

偉大すぎて、正しすぎて、辛かったこともあったし、

ある時、「お母さんが私に期待してなくて助かった」と言ったら

予想に反して「子供に期待しない親がどこにいるの!」と反論されて

「期待」という言葉の難しさを知った。

そういう意味じゃないんだけどな、、、と。うなだれる私。

 

この「バースデーカード」の主人公紀子もまた不器用で

人の輪に入れず、図書室が落ち着くタイプ(わかる、わかる)

母親は亡くなってしまうけど、

紀子が20歳になるまで毎年誕生日にバースデーカードが準備されていた。

年齢に合わせて書いてあっても、素直に読めない年頃がやってきたりする。

それもまた成長なんだろうな。と読んでる側は思うけど、当事者は辛いよね。

母と自分を比べてイライラするのが、まるで自分を見ているようだった。

でも、まっすぐ育って、幸せな未来を迎えるし、最後の最後にサプライズもあるし

悪い人や嫌な感じの人が出てこない、ほんわか、温かい小説で

とても読みやすかった。

誕生日前にこんな穏やかな話もよいものだ。

そんなにささくれだってた訳でもないけど(笑)

 

この話、ドラマ的に映えるだろうなと思ったら、既に映像化されてたんだ。

知らなかった。機会があったら見てみよう。